【レンボンガン島の現状】1泊2日で島へ遊びに行った体験談

レンボンガン島ホテルの写真 レンボンガン島

こんにちは、素潜り屋バリの喜古です。

先日、8ヶ月ぶりにレンボンガン島へ行ってきました。珍しく悪天候でしたが、それでもやっぱり素晴らしい。レンボンガン島は最高の島です。

僕の大好きなこの島をどの視点から紹介するか迷ったんですが、先ずはザックリと【レンボンガン島の現状】1泊2日で島へ遊びに行った体験談です。

この騒動の最中、レンボンガン島の人達は元気にしているのか?ホテルやレストラン、商店は営業しているのか?見てきたまんまを書いていきます。

レンボンガン島往復のスピードボート

レンボンガン島往復のスピードボート↑↑サヌールのボート乗り場。僕らは日曜日に行ったんですが、土日祝日はこんな感じでお客さんが多いそうです。

スピードボートは『D’Camel社』の09:30発。事前予約はせず9:00頃にカウンターに着きましたが問題なくチケットを買えました。混むといっても満席になることはないようです。

時間ピッタリに出航。乗船時間は約30分。船内はこんな感じ。
レンボンガン島往復のスピードボート

こちらはレンボンガン島への物資。
レンボンガン島往復のスピードボート

運転席まで荷物で埋まってます。
レンボンガン島往復のスピードボート人の往来だけではなく、荷物を運ぶ意味でもバリ島⇔レンボンガン島間を結ぶ大切なボートなんですね。

スピードボートの料金

レンボンガン島往復のスピードボート

往復 大人 子供
通常料金 Rp 700,000 Rp 480,000
WEB事前予約 Rp 550,000 Rp 450,000
KITAS割引 Rp 200,000 Rp 150,000

・D’CAMEL FAST FERRY ⇒ https://dcamelfastferry.com/

KITAS割のプロモがあったので往復Rp 200,000(約1,500円)・子供Rp 150,000(約1,100円)で行けました。KITASの提示は携帯で撮った写真や、スクリーンショットでも大丈夫です。

~関連記事~
【2020年】バリ島サヌール ⇔ レンボンガン島間のスピードボート運行状況

レンボンガン島マングローブ村へ

レンボンガン島の海今回も島到着の前にイルカの群れを見ることができました。天気は見ての通りだけど「やっぱり良いよね。レンボンガン島」ってなります。

はい。島に上陸したら先ずはレンタルバイク。バイク2台を1泊2日で借りて合計Rp 150,000(約1,100円)。通常時よりは安くなってます。

シュノーケリングする為にマングローブ村へ
レンボンガン島マングローブ村レンボンガン島北東部にあるマングローブ村は、シュノーケリングボートの発着場所。目の前の海はレンボンガン島で唯一のシュノーケリングポイントです。

前々からお付き合いのあるボートキャプテンのDitaxさん&ご家族。
レンボンガン島マングローブ村マングローブ村に自分のレストランをオープンしたタイミングでロックダウン。大変な状況だと思うけど笑顔で迎えてくれました。

「バリ島在住のリピーターがたまにシュノーケリングしに来てくれるよ。あとは自分で魚突きをして魚を売ってる」と言ってました。

シュノーケリング・マングローブポイント

レンボンガン島のシュノーケリングポイント家族みんなで一番楽しみにしていたシュノーケリング。

潮の動きが大きかったので、少し濁ってましたが十分にキレイでした。曇り空でも海の中は明るいくらい。予想通りの貸切りでした。

動画で観るとこんな感じ。

本職であるシュノーケリングに関しては不完全燃焼なので、近いうちにリベンジしなくてはと思ってます。

マングローブ村の暮らし

レンボンガン島マングローブ村↑↑海から上げられた海藻(キリンサイ)を仕分けしているところ。

元々、レンボンガン島の第一次産業と言えばこの海藻養殖。でも島の観光業が盛り上がるにつれて海藻養殖を続けるお家が少なくなり、数年前からは完全に姿を消していました。

その後に今回の騒動があり「観光客がいなくなった今、ご飯を食べる分だけでも稼ごう」と5月頃から海藻養殖を復活したそうです。

海藻を干してる村の風景が懐かしい。
レンボンガン島マングローブ村1ヶ月あたり良い時でRp 700,000(約5,000円)になるそうです。これは一家族あたりの収入なのでめちゃくちゃ苦しい。

「海藻養殖のやり方を知っていて良かったよ。とりあえずお米は買える。レンボンガン村(島の反対側)はもっと早くてロックダウンの直後から海藻養殖を復活させてたんだよ」

※)レンボンガン島の海藻養殖に関しては、いつか別記事を書きたいと思ってます。

レンボンガン島の現状

続いてホテル・レストラン・商店について、先に書いちゃうけどホテルとレストランはほとんど閉まってます。

ホテルを探すの大変

レンボンガン島のホテル↑↑ジュングッバトゥの丘にある『Lembongan Reef Bungalow』

ホテルが立ち並ぶジュングッバトゥの丘。ボート乗り場から近く、景色もキレイなので大人気のエリアですが、全てのホテルが休業してました。

他のエリアのホテルもほとんど休業中。ホテル予約サイトでは予約を受けていても、現地では閉まっていることが多いので注意が必要です。

僕らは、たまたま会った顔見知りが実はこのホテルのオーナーで「1部屋だけ用意するよ」ってことで寝床を確保することができました。

Lembongan Reef Bungalow

Lembongan Reef Bungalow「特別料金を出すけど内緒だよ」って話しなので書きませんが、部屋の感じと相場から考えて通常時は1泊10,000円前後だと思います。

3月にリノベーションしたそうです。
Lembongan Reef Bungalow

バスルームはこんな感じ。
Lembongan Reef Bungalow

このスペースが気持ち良い。
Lembongan Reef Bungalow

ベランダからの景色。
Lembongan Reef Bungalow

インフィニティプール。
Lembongan Reef Bungalow

レストランはクローズ。
Lembongan Reef Bungalowレンボンガン島に渡ったことがある方、島到着の直前に右手に見えていたあの丘です。あの丘のホテルが全て休業中なので寂しい感じ・・・

レストラン&ワルン

レンボンガン島のレストラン↑↑『Pondok Baruna Warung』

夜飯に困るだろうなぁ・・・って思ってたんですが、メインストリート沿いで数件は営業していました。しかもこのレストランは料理全品20%off。

↓↓ペペス・タフ
レンボンガン島のレストランバナナの葉っぱで包んだ豆腐カレーの蒸し焼きです。

あとローカルワルンの方ですが、とりあえず知り合いのお店は開いてました。
レンボンガン島のローカルワルン↑↑『Little Prema Warung』

初日の昼に食べたナシ・チャンプル・レンボンガン
レンボンガン島のナシチャンプルおかずが魚とタコと野菜で、サンバル・マタが超個性的です。

2日目の昼に食べたイカン・バカール(ジャケットフィッシュ)
レンボンガン島のイカンバカールテングハギモドキかな?の丸焼き。

元々、人気のあるワルンは営業していた印象です。ただボート乗り場周辺のワルンは休業してました。目当てのワルンが閉まってて残念・・・

~関連記事~
家の嫁さんが涙した。。。高円寺にあるバリ料理専門店のナシ・チャンプル

まとめ

お疲れさまです!!

1泊2日を足早に書いたつもりが中々の長文になってしまいました。本当はですね。チュニガン島も行ったし、サーフィンも楽しかったけどそれはまた別の機会に・・・

さて、僕は今後レンボンガン島のシュノーケリング&素潜りツアーを企画・催行したいと考えています。そんな訳で視察の気持ちもあり、緊張しながら島に渡りました。

率直な感想は「とにかくレンボンガン島が大好きだ!!自分に案内させてほしい!!」です。いつかレンボンガン島に行く際は是非ともご連絡ください。

島をこよなく愛するシュノーケリング専門『素潜り屋バリ』が特別な1日をご案内いたします。

よし。ツアー会社っぽい。良い感じだ!!

では、また~

観光客の受け入れ再開前にバリ島へ渡った体験談

コメント

タイトルとURLをコピーしました